問われるのは私たち

政治では衆議院解散・総選挙の話で持ちきりです。

一般的に衆議院が任期4年を全うすることはほとんどなく、4年経つ前に解散しちゃうのが常なんですが、その際には解散する理由があるもので、記憶に強く残っているのでは小泉総理の郵政解散なんてのがありましたね。しかし、野党その他のブーイングの通り今回の解散には大義がありません。衆議院の残り約1年の任期中のいずれかのタイミングで解散・総選挙となるところ、森友・加計問題で下がった支持率も回復してきて、野党はゴタゴタしてるし小池新党もまだ準備不足だし「今なら勝てる」という判断をしただけ。しかも野党が散々要求してきた臨時国会をやっと開くかと思えば所信表明演説も開会宣言もせずに冒頭で解散をすると。つまり少しでも国会審議やっちゃうとまた森友・加計で攻められるので、支持が下がるような野党の攻勢は1分たりとも与えたくない、ということで、大義があるとすれば「ボクちゃん、まだ総理続けたいの」ってことのみ(大義と言えるかはともかくw)。総裁任期も伸ばしたし、安部総理はどうしても自分の手で憲法改正やりたいんでしょうねぇ。

私からすると、数字上は支持率回復してるとは言え、なんでこのタイミングで勝てるって判断できるのかよくわからないんですけどね(笑)

まぁそれでも勝っちゃうんでしょう。

何でかと言えば支持率回復してるから。

ただ、この支持率が上がってることが要因なのではなく、森友・加計問題で下がった支持率が回復してるってことは、多くの国民が既に森友・加計問題を忘れていってるということで、そっちの方が問題なんじゃないでしょうか。

森友・加計問題だけでなく、稲田さんとか甘利さんとか小渕さんとか、あとは特定秘密保護法や安保法制の強行、消費税増税分を全額社会保障に回すと言いながら社会保障費削りまくってるのとか、まったく問題解決しないままだったり、納得できていないままだったりのことが山ほどあるのに、ほとんどの人にとっては「そんなこともあったね」です。

これだけやられてんのにまだ支持する人がいるって、どんだけドMなん?

ということは、あえて今回の解散総選挙で問われるものがあるとすれば、我々国民がどれだけバカかってこと。

「それ、どうなん?」と思うようなことでも時間が経てばすぐ忘れる。ニワトリ以下のおバカな国民がいっぱいいるほど安部さんにとっては有利です。で、実際にそんなおバカが多いから今でも安部さんはやりたい放題。安部さんにヘコヘコしてる連中だけが甘い汁をすすってます。

まぁ、野党が相変わらず頼りないって面も大きいんですけどね。民進党もいつまでも小さいことでグダグダ言ってんじゃないっての。自分たちの信念通すならそれだけの勢力になる方が先でしょうに。

で、選挙の勝敗については正直予測がまだ難しいところではありますが、自民が勝つにしても公明を含まない自民だけで改憲2/3勢力を与えるなんてもってのほかだし、公明・維新を含めて過半数割れに追い込まないと、この先も安部さんの好き勝手は続くし、我々国民は貪り取られるだけなので、自分はバカじゃないという方は賢明な判断をしていただきたいと思います。

 

あと、新潟県民として気になるのは泉田さんの動向。ほぼ5区公認で確定っぽかったのがまだ微妙にゴタゴタしてるようで、しかも補選が総選挙になっちゃったので長島さんの意思を引き継ぐという建前の5区出馬も、元々準備してた4区からでいいんじゃね?ってことにならないんでしょうか?このままだと4区からも5区からも批判が出そうな気がするけど・・・・。

あとは自民からの出馬にはまだ多くの県民が納得できていないでしょうから、早く泉田さんから納得できるような話が聞きたいですね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。