安部内閣の支持率が3割を切る

時事通信が7月7日~10日に実施した世論調査によると、安部内閣の支持率は前月比15.2ポイント減少の29.9%とついに3割を切りました。

不支持率も前月比14.7ポイント上昇の48.6%と第2次安部政権発足以来の最高を更新。

さらに、「加計学園に関する安倍晋三首相の発言を信用できるかどうか」という問いには「信用できない」が67.3%、「信用できる」が11.5%、「首相が説明責任を果たしているか」という問いには「果たしていない」が79.9%、「果たしている」が7.1%と、多くの方が安部総理に不信感と説明不足を感じているのが顕著に表れました。

・・・・まぁ、ここ最近は支持率アップに繋がるどころか下がる自爆ネタが連発でしたから、この調査結果は当然の結果でしょう。

外遊を理由に逃げていた閉会中審査にも近々安部総理が出席する方向で話が進んでいるようですが、これが支持率回復のリカバリー策になるとは思えないし、むしろ安部総理の発言次第では自らトドメを差す可能性もある。

支持率3割を切ったとなれば内閣総辞職でもおかしくないところまで来てるのに、今の時点で解散総選挙をやってもこの前の都議選同様にボロ負けするのは目に見えているし、いつまでも総理の座にしがみついていても今度は巻き添え食らいたくない身内から安部降ろしの声が強まるだろうし、もう万策尽きた安部さんにまだ手はあるのでしょうか。

私がブレーンだったら「病気療養を理由に総理辞任」を進言しますかね。第一次内閣と同じ手になりますが、同時に自民党総裁も辞任して安部色の薄い汚れたイメージの少ない人を新しい総裁に挿げ替えるのが一番ダメージ少なそう。解散総選挙して勝てるかは微妙ですけど。

あとは北にお願いして日本の陸地にミサイル着弾してもらって戦争始めるとか。それができる下準備は進めてきましたからね。

それより問題は野党ですよ。安部政権が自滅しても野党の支持が増えてるわけじゃありませんから、すんなり政権交代とはいきません。民進党なんてもはや終わってるし。このタイミングで都民ファーストみたいな革命児を装った自民党補完勢力が出てきた日には、都議選と同じく多くの方が騙されます。

もうね、ずっと前から多くの方が指摘してますけど、野党は目先のこととか自分たちの保身とかそんなことばっかり考えてないで、時には理念を曲げてでも大局的な戦略で臨まなきゃこの先はないですよ。

あとは私たち自身も。

近々選挙があるかもしれないので、その時には上っ面だけじゃなく本当に国民のことを考えてくれる人をしっかり選ばなきゃいけません。

「このハゲー!」を選んだ人たち、自分たちの責任わかってますよね?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。