東京都議選

都民ファーストの会の第1党躍進と自民の歴史的敗北で終わった都議選。

まぁ、事前にある程度は予測できたことです。

安部総理の国会逃げ切りで自民がそれなりに議席を減らすまでは想定の範囲内としても、「都議選への影響を最小限に!」なんて言いながら、この短い期間にありえないボロがどんどん出ちゃったのは想定を大きく上回るアホっぷり。

そりゃ負けるわ(笑)

あれだけ国政でやりたい放題の自民党にはウンザリしつつも他に適当な投票先がなかったために消極的支持だった人たちだって、他に受け皿ができれば一斉に乗り換えちゃう軽さもあれば、あんなボロがなかったとしても結果はあまり変わらなかったかもしれません。

小池都知事の作戦勝ちといったところでしょうか。

しかし、大躍進の都民Fも結局は自民党小池派みたいなもんで、小池知事は安部総理と同じく諸悪の根源・日本会議だし、小池知事の代表辞任で代表に返り咲いた野田氏や幹事長を務める音喜多氏なんかもかなりヤバい方なので、都民Fの名のもとに投票しちゃった人はそう遠くないうちに後悔することになるでしょう。何より小池都知事を頭にその子分が過半数を占めちゃったんですから、国政での自民党のように「棄民ファーストの会」によるやりたい放題の都政が待ち受けています。

東京都民の皆さん、残念でした。

ある程度が都民Fに流れるのは仕方ないにしても、ストッパーとなる勢力も一定数確保しておかなきゃヤバいってことはここ数年の国政を見て学んだハズなんですけどねぇ。AがダメならB!って両極すぎるよ。

 

そして、この都議選の結果は国政にも影響を及ぼすのでは、なんて話もあるようですが、安部総理は毎度のように「信頼確保に努める」だし、稲田氏は辞めないし、森友も加計もアヤフヤだし、安部自民党による聞く耳持たずはまだまだ続きそうです。しかし、このタイミングで衆議院解散なんてできないだろうし、臨時国会開けば追及されるし、のらりくらりと逃げてればさらに状況悪くなるし、このまま改憲なんて思うようには進まないだろうし、バンザイしようにも安部総理としても辞め時を完全に見失ってしまいましたね。

第1次の時のように、ポンポン痛くなるのが逃げ口実としては一番いいのかもしれません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。