ヤンキー先生の恫喝

今日の参院農林水産委員会にて自由党の森ゆうこ氏が

「文科省の文書再調査は犯人捜しのためにやっているという話も出ている。今回告発した人は公益通報者にあたると思うが、権利を守る意識はあるか」

と尋ねたのに対し、義家弘介文科副大臣は

「告発内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可無く外部に流出されることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」

と述べたと。

 

つまり、「チクったヤツは落とし前つけてもらう」ってこと。

 

これ、事実上の圧力、もっとハッキリ言えば脅しですよね。

前川・前文部科学事務次官に続き、実名を出して告発してもいいという文科省職員が複数いるという話もありますが、彼らは不正を正すための告発をしてるのであって、いわば正義の証言者。その彼らを自分たちの不都合を隠すために脅すなんてことはあってはならないし、文科副大臣ともあろう立場であれば本来は彼らを守る立場にあるはず。

ヤンキー先生だか何だか知らないが、そこらのヤンキーだって筋くらい通すのに、義家氏はヤンキー以下のチンピラレベル。教育者としても大臣職としても素質を疑います。

 

こんな人が文科省にいては日本の教育にいい影響はありませんので、即刻議員辞職していただきたい。

 


1件のコメント

コメントは停止中です。