時事問題

今日と明日は娘がテストだそうで、誰の血を引いたのか謎なくらいに一所懸命勉強しております。

アニキは正に自分の当時のようにまったく勉強しなかったのにねぇ(笑)

 

で、今はテストの問題に時事問題が出題されるとかで、5月にあった出来事から問題が出るということで5月って何があった?と娘に聞かれました。

お父さん的に一番HOTなのは森友&加計学園なんだけど、それは5月に限った話じゃないし中学生への問題のテーマとしては微妙ですよね。天皇陛下の生前退位あたりは日本人にはパブリックな話なのでありえそうだけどこれも5月に限った話じゃないし、タイムリーさなら眞子さまだけどまだ実際に婚約してはいないし・・・・。国内では共謀罪・普天間・豊洲、世界ならトランプ・IS・北朝鮮、スポーツなら稀勢の里・浅田真央なんかもありそうだけどこれも5月限定じゃないしねぇ。5月に限ればフランスと韓国の大統領選?あとはマンチェスターでのテロ?あとは・・・・・うーん、なんだろう?

日々、ニュースはチェックしてる方だとは思いますが、あらためて5月限定って言われるとなかなか思いつきませんね。

ホントならテスト対策に5月に限って考えるのではなく、年間通じて広く知ってるのがベターなんですけどね。大抵の場合はポッと1件だけで起承転結するのではなく、色んな事柄が繋がってるケースが多いわけだし。森友&加計なんかを見てると過去の出来事といろんなことが繋がりますもんね。

あとはそれ以前の話として、テレビでも新聞でもどこかに偏ることなく真実は真実として、疑惑は疑惑として、隠すことなく公平公正にニュートラルな報道をしてほしいものです。世の中の黒い面を見てきた大人は昨今のニュースを伝えられるままではなくウラまで疑ってかかっちゃうのですが、人を疑わない子どもにも正しく真実が伝わるようにしてほしい。正しいことは正しい、間違ってることは間違ってる、そこには大人も子どもも関係ありませんので。

安部総理や菅官房長官の答弁なんてとても恥ずかしくて子どもに見せられませんので、せめて反面教師にしてくれることを願います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。