問われるのは私たち

政治では衆議院解散・総選挙の話で持ちきりです。

一般的に衆議院が任期4年を全うすることはほとんどなく、4年経つ前に解散しちゃうのが常なんですが、その際には解散する理由があるもので、記憶に強く残っているのでは小泉総理の郵政解散なんてのがありましたね。しかし、野党その他のブーイングの通り今回の解散には大義がありません。衆議院の残り約1年の任期中のいずれかのタイミングで解散・総選挙となるところ、森友・加計問題で下がった支持率も回復してきて、野党はゴタゴタしてるし小池新党もまだ準備不足だし「今なら勝てる」という判断をしただけ。しかも野党が散々要求してきた臨時国会をやっと開くかと思えば所信表明演説も開会宣言もせずに冒頭で解散をすると。つまり少しでも国会審議やっちゃうとまた森友・加計で攻められるので、支持が下がるような野党の攻勢は1分たりとも与えたくない、ということで、大義があるとすれば「ボクちゃん、まだ総理続けたいの」ってことのみ(大義と言えるかはともかくw)。総裁任期も伸ばしたし、安部総理はどうしても自分の手で憲法改正やりたいんでしょうねぇ。

私からすると、数字上は支持率回復してるとは言え、なんでこのタイミングで勝てるって判断できるのかよくわからないんですけどね(笑)

まぁそれでも勝っちゃうんでしょう。

何でかと言えば支持率回復してるから。

ただ、この支持率が上がってることが要因なのではなく、森友・加計問題で下がった支持率が回復してるってことは、多くの国民が既に森友・加計問題を忘れていってるということで、そっちの方が問題なんじゃないでしょうか。

森友・加計問題だけでなく、稲田さんとか甘利さんとか小渕さんとか、あとは特定秘密保護法や安保法制の強行、消費税増税分を全額社会保障に回すと言いながら社会保障費削りまくってるのとか、まったく問題解決しないままだったり、納得できていないままだったりのことが山ほどあるのに、ほとんどの人にとっては「そんなこともあったね」です。

これだけやられてんのにまだ支持する人がいるって、どんだけドMなん?

ということは、あえて今回の解散総選挙で問われるものがあるとすれば、我々国民がどれだけバカかってこと。

「それ、どうなん?」と思うようなことでも時間が経てばすぐ忘れる。ニワトリ以下のおバカな国民がいっぱいいるほど安部さんにとっては有利です。で、実際にそんなおバカが多いから今でも安部さんはやりたい放題。安部さんにヘコヘコしてる連中だけが甘い汁をすすってます。

まぁ、野党が相変わらず頼りないって面も大きいんですけどね。民進党もいつまでも小さいことでグダグダ言ってんじゃないっての。自分たちの信念通すならそれだけの勢力になる方が先でしょうに。

で、選挙の勝敗については正直予測がまだ難しいところではありますが、自民が勝つにしても公明を含まない自民だけで改憲2/3勢力を与えるなんてもってのほかだし、公明・維新を含めて過半数割れに追い込まないと、この先も安部さんの好き勝手は続くし、我々国民は貪り取られるだけなので、自分はバカじゃないという方は賢明な判断をしていただきたいと思います。

 

あと、新潟県民として気になるのは泉田さんの動向。ほぼ5区公認で確定っぽかったのがまだ微妙にゴタゴタしてるようで、しかも補選が総選挙になっちゃったので長島さんの意思を引き継ぐという建前の5区出馬も、元々準備してた4区からでいいんじゃね?ってことにならないんでしょうか?このままだと4区からも5区からも批判が出そうな気がするけど・・・・。

あとは自民からの出馬にはまだ多くの県民が納得できていないでしょうから、早く泉田さんから納得できるような話が聞きたいですね。

 


重い・デカい・曲がらない

軽くてラクなもんだから、ちょっとすぐ近くまでって場合にはカブで出撃することが多く、スポーツスターに乗る機会が前より減ってるかも。

で、軽いカブのあとでスポーツスターに乗ってみると、これがまぁ重くてデカくて曲がらない。

重いのは当たり前ですよね。80kg前後のカブと230kgのスポを比べること自体が間違ってます。しかし普段でも重いな~と思ってるのにカブのあとだとその重さが更に際立ちます。

デカいのも当然。スポはあのクラスにしては(リジスポは特に)コンパクトな方でヘタすりゃ250ccクラスに間違われそうなくらいですけど、こじんまりしたカブと比べりゃ差は歴然。重さと相まって乗り始めは「デカいな~」って感じます。250TRもサイズ的には近かったけど、アッチは全然軽いしスポより更にスリムだからデカさを感じるってことはなかったですね。

で、走り始めるとスポって全然曲がらない。いや、曲がるんだけど、ちゃんと曲がるように乗ってやらないと曲がらない。カブに限らず近年のバイクならほとんどが何も考えずともスーっと曲がってくれるもんですが、スポはサボるとすぐに外に張り出していく。これがカブのあとだとまた顕著に感じるんですねー。自分のバイクなのに「よくこんな曲がらないバイク乗ってるな」なんて思ってしまいます。

 

で・・・・軽量化は限界があるし、デカさが気になるのはカブのあとの乗り始めだけなので、せめてもう少しスポーツスターを曲がる方向にセットできないかなぁと最近考えてます。

一番簡単な話では、昔の883カップでやられてたようにリアを少し上げてフロントはフォークを少し突き出して、結果的に前のめりでキャスターの立ったディメンションにすること。このセッティングは883カップでは改造範囲がかなり制限されていたことも要因なんでしょう。

ただ、単にキャスターを立てればいいってもんじゃなく、安易なディメンションの変更は場合によっては危険な乗り味になってしまうこともあり、曲がらないと感じるスポのセッティングもHD社が長い時間かけて煮詰めた結果ですから、変える場合は慎重にやった方がいいかも。特にキャスターが立つことによるトレール量の減少は高速走行時にフラついたりすることもあるそうなので、それを補うためにオフセットの違うトリプルツリーに変更が必要になったりと、やはり素人感覚で安易にやるのは危険。経験のあるプロのアドバイスをもらうのがいいんでしょうね。

ディメンション以外ではホイールの変更という方法も。スポに限らずハーレーの純正ホイールは相当重いそうで、ホイールが重いということはバネ下重量の増加以外にジャイロ効果が強いという作用もあるそうな。ジャイロ効果ってバイクが2輪である以上必要なものなんですけど、ホイールやディスクローターを含めた回転物の重量が重いほどジャイロ効果が強くなるので、ホイールの重いハーレーはコーナーで立ちが強い、逆に言えば直進安定性が高い、ということになります。これを軽量なホイールに変えることでジャイロ効果を弱め、立ちの強さを和らげる、というのも一つの方法。ちなみにハーレーはスポークホイールとキャストホイール(あとはディッシュもある)がありますけど、見た目は軽そうなスポークホイールも実際はあまり軽くはなくてむしろキャストの方が軽いという話も。いずれにしても純正は相当重いので、ホイールを軽くするだけでかなりの違いが体感できるそうな。

スポに使える軽量ホイールとして有名なのはサンダンスのENKEI TRAK TEKとACTIVEのGLIDE。他にもアルミのホイールはいくつかありますがほとんどはルックスのみで軽くはないみたい。TRAK TEKはモーリスレプリカの7スポークでルックス的にはコッチに軍配でしょうかね。ただ、スポの場合はキャストもスポークもそれぞれ良さがあって、どっちがいいって私は決められない(笑)。スポークならRK EXCELで40穴のアルミリムが手に入るそうなので、純正ハブのまま組み替えるのはできそう。

あとはホイールのサイズも変わりますね。TRAK TEKならF19・R18、GLIDEならF19・R16 or 18、アルミリムなら前後18なんてサイズにもできます。タイヤサイズにもよりますけど、ストックのF19・R16からフロントを18に下げる、リアを18に上げる、あるいはその組み合わせ次第でディメンションが多少変化するし、履けるタイヤも変わってくるので単にホイールを変えるってだけでもなかなか難しそうです。

ホイールを変えるとなるとコストもバカにできないですしねぇ。キャストだと前後で20万オーバーですから気軽なカスタムとは言えません。スポークはリム単体が安くても組み換えのコストは結構かかりそうだし・・・。

 

そんな感じで、実際にアシを変えたスポオーナーさんのブログを見たりして妄想する日々です。

「峠が楽しくなった」なんて聞くとやってみたくなるよねー。

 

 

しかし、バイクを変えたいという話にはならんのね(笑)

 


シート&キャリア交換

ケツが半分ハミ出るソロシートをセミダブルにしようかどうか散々悩んだ挙句、結局ソロシートで当面は行くことにしました。

ということで、シートとリアキャリアを交換してみました。

before

 

after

 

シートは2014年リリースのリトルカブスペシャル(スーパーカブシリーズ55周年記念モデル)用のホンダ純正シート。シート後部の千鳥格子柄がハデすぎず地味すぎず、トラディショナルな柄もカブだとなんだか和テイストにも見えてなんかいいかなーと。

この年式だとシートヒンジは一体式で、社外シートの説明書にある「シートヒンジが別途必要です」の意味がようやく目で確認できました。なるほど、そういうことだったのか。

リトル用でも基本的には同じなのでもちろんボルトオン。乗り心地も座り位置も当然変化ナシ。吸盤が死んでた前のシートから変えて「キュポッ」って吸盤の外れる音が出せるようになりました。

外した前のシートはまた違う雰囲気のシートカバーで遊んでみようかな。

 

そして、リアキャリアはリトル用のステンレス社外品。

箱付けたりする人はリトルでもカブ用に変えたり、もっと大きいキャリアに変える人が多いカブですが、私は箱を付ける予定も荷物を積む予定もなく、かと言ってドノーマルのリア周りでキャリアレスもマヌケなので小ぶりなリトル用に変更です。

カブ純正とリトル用を比べるとこんなに違うんですね。

 

最初は純正Usedをリペイントしようと思ってたんですが、ウチの枯れたブルーをリペイントで再現するのも難しいし、シルバーとか黒で塗るのもなんか違うかなーと思ってたところにステンレスの社外品を見つけたので試しに購入。純正でクロームのリトル用があればよかったんですけどねぇ。

しかし、この社外キャリアがなかなかの曲者。商品説明でも「加工が必要な場合があります」なんて書いてたアジアンメイドだったのであまり期待はしてなかったんですが、これが期待を遥か下に裏切る悪精度。フェンダーの幅とは合わないし、リアを決めるとショック上のボルトに半がかり、更にショック側も微妙に幅が合わず、要は全部ダメってこと(汗)

加工してどうにかなるレベルじゃないので諦めて付いたなりのそのまんま。

もしこれからこのキャリア買おうと思ってる方がいらっしゃいましたら・・・

100%オススメしませんっ!(笑)

作りを見るときっとロットによって個体差があるような感じはしますが、満足なレベルになってる個体と巡り合える確率はほぼゼロかと。

素直に純正買えばよかったかなー。でもクロームがないんだよなー。

 

 

何やかんや問題はありつつ、それでも後ろが軽快になって少しスタイリッシュなシルエットになったでしょうか。

現在、キャブセッティングもちょこちょこ変えたりしてるので、それが落ち着いたらレッグも元に戻そうかと思います。

 


CUB&BUGミーティング

昨夜はCUB&BUGミーティングでした。

CUBが6台、BUGが1台、ややVW劣勢ですが(笑)まぁそんなことはどうでもいいのです。元々VWオーナー繋がりで広がってきた輪は乗ってるクルマも住んでる地域も世代もバラバラで、クルマだったり、バイクだったり、何だか統一感あるようで無いような、しかし確実に共通しているのは「楽しい仲間」ということ。

CUBでもBUGでもなくても楽しい時間を共に過ごせる仲間がいること、これこそが最高の財産です。

 

 

しかし、9月でも夜は寒くなってきましたねぇ。

多少着込んではきたけどそれでも寒かった。

それに、東区から白根までカブで行くのはなかなか遠い。

バイパス乗るのが少し怖いので行きはオール下道にしたら50分近くかかったよ。

帰りは空いてたのでバイパス乗ったけど、カブでバイパスはやっぱ怖い。

スポーツスターならその気になればクルマを追い抜くのは全然余裕でも、カブじゃ邪魔にならないように走るのが精いっぱい。出そうと思えば出せるけどあんまりブン回し続けるのも中華エンジンでは少し不安。

まぁのんびり走るのが似合ってるよね。

 

いずれみんなでカブツーリングもしたいね。

 


結局・・・自民から出馬

世間的に今日の大きな話題は新型iPhone Xなんでしょうが、新潟県民にとっては自民党が泉田氏の擁立を正式に決めたことの方が重大。

え、あ、iPhoneも気になりますけど(笑)

正確には現時点で自民党新潟5区支部が擁立を決めただけで、今後県連としての会議を経て自民党本部に公認を要請ということなので正式決定は少し前のめりかもしれませんが、さすがにここまで来てひっくり返るなんてことはないでしょう。

 

この話が出てから私が見る限り泉田氏の自民からの出馬には批判的な声が圧倒的。泉田氏のツイートにはかなり辛口なリプも多かったです。自民党県連内でも疑問の声が多かったくらいですもんね。古賀茂明氏に至っては「ペテン師」「裏切り行為」と痛烈に批判、落選運動の展開も示唆していました。

で、どうなんでしょうねぇ。順当に行けば与党でも野党でも泉田氏の当選はほぼ確実。野党側がよほど強力な対抗馬を擁立できれば少しは風向きも変わるのでしょうが、今のところ候補の名前すら出てこない状態。あとは今回の自民からの出馬に反発する有権者がどう動くか。元々4区の泉田氏が5区から出ることに5区の方からは面白くないという声もチラホラ聞こえるし、重要争点である柏崎刈羽原発の再稼働への姿勢で泉田氏が変節したと受け取られれば「泉田落し」へと流れる可能性も。

私個人としては「与党内でなければ何もできない」という考えに一定の理解もありつつ、今回の補選では泉田氏には落選していただいて「いくら泉田でも原発再稼働推進の自民ではダメ」という新潟県民のメッセージを再認識させる必要があるかな、と。

まぁ、なんだかんだ言って当選は濃厚かと思いますけどね。

自民に擦り寄る泉田さんなんて見たくないなぁ。

ただ、今回の補選が終わっても遅くとも来年12月までには次の衆院選が待ってるわけで、補選で当選してからの間で安部総理に飲まれるような姿を見せればきっと次は無いし、補選で落ちて次は野党から、あるいは4区から、なんてことをすればまたそれはそれで反発が強そう。

某アイドルグループメンバーの結婚発表みたいに、ファンの熱意が強ければ強いほど、期待を裏切った時の代償は大きいのです。

 

今回の出馬劇は泉田氏にとって自らの政治生命を追い込むことになるかも・・・?