ドライブレコーダー

最近、煽り運転の問題がニュースを賑したことでドライブレコーダーの売り上げが急上昇してるんだとか。

確かに最近付けてるクルマが増えてきましたよね。カー用品店でも大きなスペース設けてアピールしてるところも多いし、今回の件がなくても需要は高まってるんでしょう。私は自分で付けたいとは思ったことないですけどね・・・・だってType-3に露出するハイテクアイテムは似合わないんだもん。

しかし、ヨメさんが欲しいと言うので、まぁヨメさんのクルマなら予防的に付けておくのもアリかなと思いました。万が一の際に重要な記録になるのはもちろんとして、リアにも付ければ抑制効果もあるかもしれない。

で、どんなのがあるかなーって軽く見ただけでも種類がとっても多い。国産・海外製、あと値段もピンキリ。まぁ総じて安いのは値段なり、海外製はクオリティが低いのも多い、そんな傾向はあるみたいです。電源はシガーでフロントのガラスに付ける単独の製品がこれまで一般的だったのが、最近はカーナビとトータルでセットアップするタイプとか、360度撮影できるのとか、前後2台でカバーするタイプとか、見だしたらキリがないくらい。できることなら安価に済ませたいけど、役に立たないのを付けても仕方ないので、どれを選んでいいものかよくわかりませんねー。

これだけ需要が高まっているなら、メーカー純正でキレイにビルトインできるオプションのドラレコが出るのもそう遠くないかもしれませんね。

 


信念なき風見鶏議員はいらない

今日のニュースで、希望の党に合流した民進党議員の中で希望の党の政策と異なる主張をする造反者が出始めたというのがありました。

恐らく最近になって希望が失速気味なのを感じての転換かとは思いますが、アホじゃないかと思います。

そもそもこれまで民進党が主張してきたことを反故にして希望の踏み絵を踏んで公認もらったハズなのに、風向きが変わったらそれすらも反故にするって、希望の党へも、民進党へも、立憲・社民・共産の野党連合にも、そして有権者にもとっても失礼なことじゃないですか?

バカにするのもいい加減にしろ、と。

彼らが当選後にまた民進党に戻ってリベラル勢の議席が増えるとしても、風向き次第で信念をコロコロと変えるノンポリの風見鶏議員なんて与党でも野党でもいらないです。

揺るがない信念を持つ者だけが立候補しろっ!

 


独裁を終わらせる

この前出た情勢予測では自公が過半数、ヘヤすりゃ改憲2/3なんて報道もありましたが、安部政権は不支持が支持を上回り、立憲民主党を始めとするリベラル勢が勢いを増してきたなんて話もあって、まだまだどうなるか読めませんね。

 

さて、今回の選挙ではいわゆるリベラル勢を支持してる私ですが、そもそも自分が右とか左とか保守とかリベラルとかなんて考えたこともありません。脱原発とか改憲反対とか増税反対など、自分の考えと合致してる面の多いのがリベラルと呼ばれる方たちだっただけで、安部さんが今すぐ原発を廃止するって言うなら安部さんであっても支持はします。

本当は全ての議員が国民を思って政治をしてくれれば政党なんてドコでもいいし、右でも左でも何でもいいんですね。ちゃんと国民のためを思った政策を持つ方が議員になって実行してくれれば日本は幸せな国になるはず。

でも、今の自公政権はとても国民に寄り添ってるとは思えないし、もしかしたら自民党の中にも安部さんのやり方に疑問を持ってる方もいるんじゃないかと思うんですけど、いざ国会で採決する時は誰一人造反することなく全員親分のイエスマンですから、単に党議拘束の頭数でしかない議員なんていくら聞こえのいい政策を訴えてもどうせ最後は頭数じゃんって思ってしまいます。だったら国民のためにならないリーダーを持つ政党には議席を減らしてもらって、安部独裁政治は終わらせねば。

この夏、天皇陛下の生前退位の特例法が全会一致で可決されました。一部の議員は反対の意で退席しましたが、反対理由は特例法ではなく恒久法にするべきという点のみで、法の趣旨自体には反対していません。国民の多くも天皇皇后両陛下がどれだけ国民に寄り添ってきたかをよく知ってるし、ご高齢での公務の大変さもよくわかっているので、生前退位に反対する方はほとんどいなかったんじゃないかと思います。こういう誰もが良いと思うことは政党も左右も関係なく満場一致できるんですから、多くの反対や疑問の声が出る法案についてはやはり問題があるということで、それを数の力で強行に通してしまうなんて、国会のあるべき姿ではないでしょう。充分に審議し、多くが納得できる法案を作り上げれば、議会勢力が少数でも衆参でねじれていても、良いものは通るのです。

なので、今の自公で過半数以上という勢力では納得させられるだけの法案は作られないし、森友・加計のような多くの人が疑問を抱く問題も解決されないし、国会前でいくら反対を叫んでも数の力で推し切られてしまいますから、少なくとも自公は過半数割れにしなければいけないし、希望・維新も含めた改憲勢力2/3も阻止しなければいけません。この勢力でもいい法案は賛成多数で可決されます。

リベラル勢に諸手を上げて賛成ではないところもあるんですが、今は安部独裁政治を終わらせることを優先しないといつまでも国民は悪しき政治屋に搾取されるばかりです。

 


YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2017 Demo Reel

年末恒例のHOT ROD CUSTOM SHOWのデモムービーが公開になっています。

 

 

相変わらずカッコいいですねー♪

見てるだけでテンション上がるわ。

今年は久しぶりに行ってみようかなー。

誰か一緒に行く?

 

イベント詳細はHCS特設サイトで

 


ロードスターの福祉車両

狙ったわけじゃないんですが昨日に続いてマツダネタ。

いや、別にマツダ推しってわけじゃないんですよ。

 

昨日は新しいエンジンの話で、今日は福祉車両です。

福祉車両っていうと車椅子を積めるクルマのイメージが強いかもしれませんが、障がいを持つ方が運転できるようにしたクルマも福祉車両。

いずれにしても福祉車両のベースとなるのは普通は各メーカーの中でも売れ線になるような車種、コンパクト・セダン・ワゴン・ミニバンなんかが多いと思います。

が、マツダでは2シーターオープンのロードスターをベースに、足が不自由な方向けに手動運転装置付車を発売すると。

 

シフトレバー横に生えてるレバーが「コントロールグリップ」。このレバーでアクセルおよびブレーキ操作が可能、ウインカーやホーンのスイッチも付いてるそうです。このレバーを引くと加速、押すと減速する仕組みで、あとはハンドルに付いたノブを使って右手でハンドル切れば、足を使わずクルマの運転ができるようになっています。ハンドルの右スポーク部分には「ステアリングシフトスイッチ」というマニュアルモードを楽しめる機能まで付いています。

その他、乗り降りをスムーズにするための乗降用補助シートや車椅子を助手席に収納するためのカバーなど、福祉車両としての本来の機能も用意されています(オプションですが)。

 

このジャンルはあんまり詳しくありませんが、いわゆるスポーツカーをベースにした福祉車両ってそんなにないんじゃないでしょうか。クルマ社会故に障がい者であっても移動手段としてクルマが重要という方は多いはずで、普通はホントに「移動手段」として使われる福祉車両において「走る楽しみ」を感じられるクルマが選択肢としてあるのは歓迎されるんじゃないでしょうか。

こういうクルマは採算が合わないのでメーカーも積極的に車種を増やすことはしたくないのがホンネじゃないかと思います。が、採算度外視でこんなクルマを作ってしまうマツダの心意気ってとってもステキだな~って思いました。

 

やるな、マツダ。